草木染め取り扱いメモ

染め物の お洗濯、保管 注意事項

 

草木に秘められている色を布に映す......

天然の色素なので、一般の化学染料よりは安定性がありません。

純粋な色素の他いろいろな植物の成分が入っています。

それにより、味わいのある色見が出るのです。

そして、化学染料より、お日様の光にも色褪せしやすい点があります。

御注意としては......

*日陰干し (裏返すとより◎)

*洗濯は薄めた天然石鹸でやさしく手洗い ウールはモノゲンで優しく

 (石鹸が固まり状態で濡れた布に付くとアルカリが強いので変色します)

*漂白剤 蛍光洗剤は使わないでください。

*酢、果汁などが着くと変色します 要注意!

 

*布を畳んだ時、日が当っていると、畳み線が褪せやすいので、

  必ず、暗い場所...(タンスの奥)などに保管をして下さい。 

 

MEGURIでは重ね染めを何回もしています。濃い目に染め、

除所に色褪せた感じがベストな感じ。ジーンズと一緒ですね。

味わいがあって良いモノになります。

柿渋染めなどは時が経ち、色が深まることもあります。

いずれもナチュラルな風合いに.....

私本人もあまり気にせず、バシャバャ洗いサラッと使っていますよ。

そして、又染め治しも面白いモノです。

そして長く使いましょう!

 

 ☆型染めを始めました。草木染めと、堅牢度の高い「樹脂顔料」を

使用しています。

どうしても気になる方は以上の御注意をよく読んでお選びください

 

  

いつもの服より取扱いがヤッカイ...?と思われるでしょうか?

でも、他にはない色、手をかければ長く楽しめます。

染めのWORK SHOPを受けられたら、御自分で染めれますよ!

そして豊かな生活スタートします☆

 

LIVELY UP YOUR SELF!!!

 

 

 ☆無料染め治しサービスは終了いたしました。

色褪せの気になる方、染め治し御希望の方は一度ご連絡ください。